PR

 SOHOでよく使われる低価格のビジネス向けプリンターといえば、かつては単機能のモノクロ印刷対応機が中心だった。しかし昨年から、カラー印刷が可能で、スキャナー、コピー、FAX、自動給紙装置(ADF)などを備える高機能のインクジェットプリンターやレーザープリンターが続々と登場。最近では、5万円前後でこうしたSOHO向け多機能型プリンターに手が届くようになった。

 こうしたプリンターがマッチするのは、もちろんベンチャー企業だけに止まらない。多忙につき家でも仕事を快適にこなせる環境を必要とする会社員や、在宅勤務に従事している会社員、個人事業を手がけている方にとっても良い選択肢になるだろう。最近の多機能型プリンターは小型化が進んだことも特徴だ。まずは設置スペースを小さく抑えることから、経費削減を進めてみてはどうだろうか。

 ただし、選択肢が増えたことで、自分の環境に向いている製品を選ぶのに苦労している読者も多いのではないだろうか。そこで、売れ筋あるいは注目を集めている、SOHO向けのインクジェットプリンターとレーザープリンターをピックアップして、印刷コストや印刷速度などの基本性能や、経費節減につながる機能を見比べてみることにしよう。