PR

 2月26日、レノボ・ジャパンが意欲的なノートパソコンを発売した。13.3型(1440×900ドット)の液晶や光学ドライブを搭載しながら、厚さを18.6mm(最薄部)に抑えた「ThinkPad X300」だ。記憶装置は、ハードディスク(HDD)よりも高速にアクセスできるソリッドステートドライブ(SSD)。きょう体の素材やデザインにもこだわった「プレミアムモバイル」である。X300は、ThinkPadの携帯モデルであるXシリーズの最上位機種。今回、開発の陣頭指揮を執ったレノボ・ジャパンの内藤在正副社長に、X300が目指す世界について聞いた。

■ThinkPad X300の最大のこだわりは。

 薄さに注目が集まっていますが、当社が一番追求したかったのは「軽さ」です。使い勝手を損なわないように、13.3型の液晶やDVDのスーパーマルチドライブを搭載し、それでいて1.42kg。機能や性能比で見て、現時点で最高クラスの軽さを実現できたと考えています。

 このために、普通なら使わないプラスチックを採用するなど、次世代の技術を積極的に取り込みました。X300の位置付けは「先の技術を作っていくための機械」。今回採用した技術は、数年後に大量生産できる技術へと進化し、多くの製品に取り込まれるようになるでしょう。

 一方で、削れるものは削りました。例えば、モデムやSDカードスロットはX300に付いていません。ほかで代替できる機能はあえて落とし、本当に付いていないと困る機能だけを集約したのです。

 デザイン面でも、「上質な高級感」を意識しました。自分たちの技術力でどこまで「持つ喜び」を提供できるかにこだわりました。例えば色。 ThinkPadといえば、黒が基調ですが、黒にもいろいろあります。X300では、グロス(反射)を落とし、マットな感じに仕上げました。ただし、全く反射しない黒だと、逆に指紋が目立ちます。微妙な黒を表現しました。

 塗装範囲も広げました。色の一体感を出すために、ほかの製品では塗っていないきょう体の裏側やバッテリー、液晶画面を開くつなぎ部分の金具なども塗装したのです。ランプも、消えると同一の黒になります。お客さんに「買ってよかった」と思ってもらえるよう、細かな個所にまでこだわりました。