PR

 中小企業向けの業務ソフトを開発・販売する弥生。主力製品は、会計ソフト「弥生会計」だ。これ以外にも、「弥生給与」「弥生販売」などのラインアップをそろえる。有償でのサポートサービスにも力を入れ、同社の売り上げの半分以上はサポートの担当部門が上げている。

 弥生は2007年9月にライブドアグループから分離独立し、投資会社MBKパートナーズを株主に迎えた。そして2008年4月1日、新社長として岡本浩一郎氏が就任。自ら起業経験を持ち、以前は弥生製品のユーザーでもあったという。

 同氏は、弥生のミッションとして「日本における中小企業・個人事業主・起業家の事業の立ち上げと発展を支える社会的基盤(インフラ)であること」を掲げる。このミッションを果たす上での弥生の強みや、業務ソフト市場の現状、今後の新戦略などについて聞いた。