PR
1ph_spx200.jpg

 台湾メーカーのアスースが発売したモバイルノート「EeePC」が話題を呼んでいる。XP搭載で実売価格は四万円台。HDD代わりに四ギガのフラッシュメモリーを搭載するなど、すべてが常識外。余計なものをそぎ落とし「モバイル・インターネット端末」に特化した明確な商品戦略が、日本市場に風穴を空けた。

■EeePCが発売されて一カ月経ちますが、店頭ではずっと品切れ状態が続いています。

 この製品を発売したのは一月二五日でしたが、最初の三日間で用意した製品がすべて売り切れてしまいました。私も発売日に店頭に立っていたのですが、製品が飛ぶように売れていくのを見て、心配になったくらいです。

図1 EeePCに搭載されているOSは、ウィンドウズXPのホームエディション。重さはわずか920グラムで、大きさも幅22・5×奥行き16・4×高さ37ミリと、A4判の半分程度だ
図1 EeePCに搭載されているOSは、ウィンドウズXPのホームエディション。重さはわずか920グラムで、大きさも幅22・5×奥行き16・4×高さ37ミリと、A4判の半分程度だ
図2 本体の右側面には、SDカード用のスロットを装備している。製品購入時には4ギガのSDHCカードが無料で付属する
図2 本体の右側面には、SDカード用のスロットを装備している。製品購入時には4ギガのSDHCカードが無料で付属する