PR

 ビジネス用のプリンターならインクジェットよりもレーザータイプ、と考える読者が多いのではないだろうか。しかし、この「常識」がすべてのケースに当てはまるとは限らない。例えば、ブラザーが昨年10月に発売したA3対応のカラーインクジェット複合機は、SOHO(Small Office Home Office)市場を中心に好調な売れ行きを示した。今年6月に出した新機種も好調である。ミシンメーカーだった同社は、メカトロニクスで培った技術を生かし、タイプライターやドットインパクトタイプのプリンターを皮切りに、情報機器の分野へ参入。インクジェットやレーザーを含め、これまでにすべての印字方式のプリンターを市場に出してきたと言う。今回、ブラザー販売の三島勉取締役に好調の「A3ビジネスインクジェット」について話を聞いた。

■ビジネス向けにA3対応のインクジェット複合機を発売したきっかけは。

 ほかのメーカーのインクジェットプリンターは、写真を高画質で印刷することを目的とした、家庭向けの製品が中心です。対して、当社はファクシミリや自動給紙が可能なADF(Auto Document Feeder)の付いたSOHO向け複合機を得意としています。そんな当社が、国内向けに新しいタイプのインクジェット製品を提案したいと考えたとき、キーワードとして挙がったのが「A3」でした。

 では、なぜ「A3」なのか。それは、ビジネス向けのレーザープリンターを扱ってきた経験から、プリンター事業を国内で続けていくなら、A3判の印刷への対応は欠かせないと感じていたからです。海外のビジネス市場では、A4判の印刷までで十分とされるケースが多く、A4判のレーザープリンターが大きなシェアを獲得しています。しかし、国内では「大は小を兼ねる」的な考え方が広く受け入れられており、A4判よりも大きなサイズに印刷する機会が年に数回しかないとしても、「プリンターはA3判じゃないと」と考えられがちなのです。ですから、ビジネス向けのインクジェットでも「A3判を製品化したい」との強い思いがありました。

 最近では技術が進歩し、A3用紙に印刷しても、ある程度のスピードを出せるようになっています。インクの目詰まりなど、従来機が抱えていた問題も解決され、ビジネス機器として不可欠な耐久性も実現できてきました。これならビジネスにも十分対応できると判断し、2008年10月にA3判のインクジェット複合機を投入することにしたのです。今年6月に発売した新しい製品も、予想を上回る売れ行きを示しています。海外でも売れていますが、やはり日本の方が好調です。

■どんな業種に支持されていますか。

 普通のオフィスでインクジェットプリンターを活用しているケースは、まだ少ないでしょう。当社製品の主なユーザーは、5名以下の企業や団体です。こういったユーザーは、プリンターを量販店の店頭で買ったり、ネットで直接購入したりします。ファクシミリ付きのインクジェット複合機は、チェーン展開しているアパレル業界や外食産業で大量に導入されています。個々の店舗がSOHOに相当すると言えます。

 A3対応のカラーインクジェット複合機のユーザーは、建築、設計、施工といった業種が3割を超えています。図面など大きな用紙に印刷できるからでしょう。これらの業種で、小規模なオフィスが多いことも一因です。今後は教育関係などの別の業種でも広く使ってもらいたいと考えています。このためのアプローチを始めている段階です。