PR

多機能携帯端末「iPad」用の教育アプリとして人気の「元素図鑑:The Elements in Japanese」(写真1)。元素にまつわる豊富な写真や解説文だけでなく、一つの写真を複数のアングルから見ることができたり、検索と連動したりといった電子版ならではの工夫が盛り込まれている。この元素図鑑の著者であるWolfram Research、Co-FounderのTheodore W. Gray氏に制作などの話を聞いた。(聞き手は大谷 晃司=日経NETWORK)

--なぜiPad版を出そうと思ったのか。

 2009年9月に紙の書籍として「元素図鑑」(英語名は「The Elements」)を出版した(編集部注:日本では創元社から発売予定)。そこに掲載した写真は、2003年から撮りためていたものだ。ただ、紙の書籍では一つの写真で一つのアングルしか見せられない。実際の撮影では様々なアングルで撮影していた。

 そもそもは紙の書籍にするためだけに写真を撮影していたのではなく、Webサイトやビデオインスタレーションなど多くの媒体で使うであろうことを想定していた。本を作るという発想は後から出てきたものだ。紙の本は一つの特別な例だ。素材を集めた結果、それが本になり、そしてiPad版になった。

 書籍を出したばかりのころ、複数のアングルで物を見せられないことに対して不満を感じていた。そんなときiPadが4月に出ることがアナウンスされた。これなら撮影した写真を全部見せられると考え、iPadが4月に発売されるまでの約60日間でiPad版元素図鑑を作り上げた。

 現在、iPad版の元素図鑑は日本語版のほか、英語(US)版、英語(UK)版、フランス語版、ドイツ語版などがある。どのバージョンでも写真とレイアウトはまったく同じ。テキストだけがその国の言語に変えられている。日本では書籍はまだ出ていないが、翻訳は先行して終わっていた。そこでiPadの日本での発売に合わせて日本語版アプリを出した。

続きはITproで