PR

  日経パソコンは、創刊30周年を記念して、コンピューティングの歴史を振り返る企画「時代を築いたデジタル製品」をシリーズ掲載している。今回は、2013年8月12日号「プリンター30年の進化史」でキヤノンの大塚尚次取締役に聞いた、同社の「BJ」「PIXUS」シリーズの進化について、誌面では紹介しきれなかった話も含めて掲載する。

■最初からインクジェットが有望な技術だと考えていましたか。

 1981年に私が入社したときの会社案内には、将来有望な技術として、発明されて間もない「BJ(バブルジェット)技術」が紹介されていました。でも当時は、「そういうのがあるんだ」といった認識しかありませんでした。キヤノンが最初に発売したインクジェット機は1985年の「BJ-80」ですが、これも「やっとの思いで出した」というもので、まだインクジェットプリンターは事業部にすらなっていませんでした。その頃、私は本社の研究部門にいました。

 インクジェットプリンターの担当になったのは1989年からで、最初に設計したのが1990年発売の「BJ-10v」でした。これは思い出深い製品です。

キヤノン 取締役インクジェット事業本部長 大塚尚次氏(写真/陶山 勉)
キヤノン 取締役インクジェット事業本部長 大塚尚次氏(写真/陶山 勉)
[画像のクリックで拡大表示]

■「BJ-10v」は、どのような特徴があったのでしょうか。

 BJ-10vは、初めて一般消費者に向けて販売したプリンターなのです。それまでのインクジェットプリンターは、業務用の特殊な用途で使われるか、ドットインパクトプリンターの代わりに職場で使うプリンターという位置付けでした。今のように広告宣伝を打ち、一般消費者向けに大量に出したプリンターはそれまでありません。

■確かに、1980年代のインクジェットプリンターは20万円前後が主流でした。

 BJ-10vは7万4800円でした。開発していながら「これは安い!」と思った記憶があります。当時は、持ち運べるパソコンとして「ラップトップパソコン」が出始めていたので、持ち運べるプリンターがいけると思って作りました。バッテリー駆動もできましたし、今振り返ってもかなり進んでいたと思います。

1990年に発売した「BJ-10v」。印刷解像度は360×360dpi。重さ1.8kgと持ち運びも可能だった
1990年に発売した「BJ-10v」。印刷解像度は360×360dpi。重さ1.8kgと持ち運びも可能だった
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つ、BJ-10vが優れていた点があります。それまでのインクジェットプリンターは、ノズルにインクが詰まったりして、修理対応しなければならないことが頻繁にありました。そこでBJ-10vは、インクとプリントヘッドを一体化したカートリッジ式を採用し、インクがなくなったら常に新しいプリントヘッドになるというコンセプトで作りました。これによって、家庭用としても売れる信頼性を確保できました。この新しいプリントヘッドを作るために、かなり投資して、当時の最先端の加工装置を用意しました。今考えても勇気があったと思います。しかし、投資を回収するほど販売できる自信はありました。

■販売は順調でしたか。

 一般家庭にプリンターを売るのは初めてなので、最初は手探り状態でした。米国でBJ-10vを販売するとき、会社から「一般の人にプリンターを売った経験がないので、何が起こるか分からない。半年ほど米国に行ってくれ」と言われ、製品を輸出するときに、設計者の私も渡米しました。米国のスタッフにこの話をしたら「プリンターと一緒に木箱に入ってきたのか?」と爆笑されましたよ。

 ニューヨークのオフィスでは、コールセンターの電話の横にいて問い合わせを聞き、応対方法のフローチャートを作るところから始めました。この米国駐在では、企画、設計、製造だけでなく、販売や品質保証まで経験でき、「BJが時代を作っている」という実感を持って仕事をしていました。オフィスにいると、コンピューターのディスプレイ上に営業が取ってきた注文が次々に表示されます。これまでとは桁違いの注文が入るのを見て、現地スタッフが雄たけびを上げていたのを今でも鮮明に思い出します。自分が設計したプリンターが売れるのを直接見られたのは、設計者人生の中でも忘れられない思い出です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料