PR

 Windowsの圧縮機能では、複数のファイルを1つにまとめてファイルサイズを小さくするだけでなく、パスワードを設定して内容を保護することもできます。これを利用すると、データをメールで送受信したりするときに安心です。

 パスワードを設定するには、まず圧縮ファイルを作成します。圧縮したいファイルを右クリックし、メニューから「送る」の下にある「圧縮(zip形式)フォルダ」をクリックします。すると、ファイルと同じ名前の圧縮ファイルが作成されます。

 次に、圧縮ファイルをダブルクリック。圧縮ファイルの中身が表示されるので、「ファイル」の「パスワードの追加」を選びます(下図の(1))。「パスワードの追加」という画面が開きますから、パスワードを入力して「OK」をクリックします(同(2))。これで、圧縮ファイルにパスワードが設定されました。

[画像のクリックで拡大表示]

 パスワードを設定した圧縮ファイルは、解凍時にパスワードの入力画面が表示されます。ここに設定したパスワードを正しく入力しないと解凍できません。別のユーザーに圧縮ファイルを送るときは、事前にパスワードを知らせておき、それから圧縮ファイルを送るとよいでしょう。

 なお、Windowsの標準機能で使える圧縮形式はZIPだけです。ただ、フリーソフトなどには、LZH形式やSIT形式で圧縮し、パスワードを設定できるものもあります。