PR

 キーボードの左下のほうにある、Windowsのロゴマークが付いたキー。これが「Windowsロゴ」キーだ。このキーを押すと「スタート」メニューが表示されるが、英数字と組み合わせたショートカットキーとしても、意外な役割を果たす。ロゴマークが付いたキーだけに、Windows全体の操作に関するものが多い。一体どんな便利なショートカットキーがあるのか、いくつか挙げてみたい。

パソコン内のファイルやフォルダを検索

 前回、「Ctrl」+「F」のショートカットキーを紹介した。今回紹介するのは「Windowsロゴ」+「F」のショートカットキーだ。

 「Ctrl」+「F」のショートカットキーではファイルやWebページで検索を実行する「検索」画面を開く。それとは少し異なり、このショートカットキーでは、パソコン内でファイルやフォルダーなどを検索する。要は「スタート」メニューにある「検索」と同じ動作をするというわけだ。

図1 「Windowsロゴ」キーを押しながら「F」キーを押すと、Windowsの検索画面が開く。「Ctrl」+「F」はファイルやページ内での検索だったが、このショートカットキーではWindows全体から検索する
図1 「Windowsロゴ」キーを押しながら「F」キーを押すと、Windowsの検索画面が開く。「Ctrl」+「F」はファイルやページ内での検索だったが、このショートカットキーではWindows全体から検索する
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い