コマンドは一つでも便利だが、いくつか組み合わせると、さらに用途が広がる。例えば、「デフラグする」コマンドと、「電源を切る」コマンドを組み合わせて、「デフラグ後に電源を切る」といった処理をすることが可能だ。