PR

IPv4 vs IPv6

 ここでは、IPv4と比較しながら、IPv6を見ていくことにしましょう。IPv6は、IPv4に代わるものであり、基本的にはIPv4で可能なことはIPv6でも可能です。TCPやUDPのような上位プロトコルは、IPv6でもそのまま使えます。

 図1は、IPv4を使った場合のパケットの構成を示しています。このようにIPv4パケットは、ヘッダー部分とデータ部分に分かれ、このデータ部分に上位プロトコルのパケットが格納されています。イーサネットなどの下位のプロトコルからみれば、IPv4パケットは単なるデータです。IPv4パケットの外側にイーサネットなどの下位プロトコルのヘッダーなどが付加され転送されます。

図1 IPv4のパケットは、IPv4ヘッダー、TCP/UDPヘッダーと続き、その後ろにTCP/UDPのデータ本体が置かれる。また、IPv4ヘッダーは、オプションを含むことがある。
図1 IPv4のパケットは、IPv4ヘッダー、TCP/UDPヘッダーと続き、その後ろにTCP/UDPのデータ本体が置かれる。また、IPv4ヘッダーは、オプションを含むことがある。
[画像のクリックで拡大表示]

 IPv6でも、この構造は基本的には同じです(図2)。しかし、IPv6では、ルーターなどでの処理を簡単にするように、IPヘッダー自体の長さを固定長としています。上位プロトコルのヘッダーの間に拡張ヘッダーを置いて、従来のIPヘッダー・オプションなどの代わりにしています。暗号化なども、この拡張ヘッダーで対応します。

図2 IPv6では、IPヘッダーとオプションが明確に分けられ、IPv6ヘッダー部分は固定長となった。その後ろにオプションや上位プロトコルのヘッダーが続く。
図2 IPv6では、IPヘッダーとオプションが明確に分けられ、IPv6ヘッダー部分は固定長となった。その後ろにオプションや上位プロトコルのヘッダーが続く。
[画像のクリックで拡大表示]

 IPv6も、あて先はIPアドレスで指定します。このIPアドレスが、128ビットに拡張されています。IPアドレスについては、次回解説しますので、今回は、IPアドレスが128ビットになっていることだけを理解しておいてください。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料