PR

 パソコンを長く使っていると、起動に時間がかかったり、調子が悪くなったりします。ずっと使ってきたからこそ、少しでも長く使いたい── それなら日頃の「お手入れ」とパソコンの「増強」が必要。不要なファイルの削除など、ウィンドウズの機能で整備するだけでも、「重い」「不安定」は解消します。機械的・電気的なトラブルを防ぐためには掃除が欠かせません。ワンセグTVチューナーやメモリーの増設など、まだまだ使い続けるための“増強法”も紹介します!

 まずはパソコンの中をメンテナンス。Windowsの機能だけでも、できることはたくさんあるのです。早速やってみましょう!

ツボ1:ムダなファイルは徹底的に“捨てる”

 ソフトやインターネットを利用すると、Windowsが作業用に一時的なファイルを作ることがあります。こうしたファイルがハードディスク(HDD)にたまっていくと、空き容量が少なくなってパソコンの動作が遅くなる原因になります

 また、一時的なファイルが壊れると、ホームページが正しく表示されないことがあります。

 一時的なファイルは、消しても必要なときにまた作られます。月に1度は消すようにしましょう(図1)。「ディスククリーンアップ」機能を使えば、簡単に削除できます(図2~図4)。

「ディスククリーンアップ」で消したいファイル

<font color=図1 ハードディスクの空きをなるべく多く確保しておいたほうが、パソコンは速く動作する。上の表のファイルは削除しても、必要なときにまた作られるファイルなので、消しても問題はない。">
図1 ハードディスクの空きをなるべく多く確保しておいたほうが、パソコンは速く動作する。上の表のファイルは削除しても、必要なときにまた作られるファイルなので、消しても問題はない。

図2 「マイコンピュータ」を開いて、HDDのアイコンを右クリック(1)。表示された一覧の中から「プロパティ」をクリック(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

<font color=図3 この画面が開いたら、「全般」をクリックし(1)、「ディスクのクリーンアップ」をクリックする(2)。">
図3 この画面が開いたら、「全般」をクリックし(1)、「ディスクのクリーンアップ」をクリックする(2)。

図4 しばらく待つと、この画面になる。図1で紹介した3つの項目にチェックを付け(1)、「OK」をクリックする(2)。
[画像のクリックで拡大表示]