PR

 マウス操作の中で、マウスの左ボタンを一回「カチッ」と押す「クリック」を知らない人はまずいないでしょう。一方で、右ボタンを押す「右クリック」のほうはどうでしょうか?

 「まだまだクリックほどには使っていない」という人が多いはず。この右クリックを活用すれば、操作が断然速くなるのです。

 試しに、画面のいろいろな場所を右クリックすると、様々なメニューが表示されます(図1)。このように、右クリックは状況に応じてできる操作や、使える機能をわかりやすく表示してくれます。しかも、メニューやツールバーを使うより手間を省けます(図2、図3)。右クリック一つで、パソコンがより快適に生まれ変わるのです。


図1 タスクバー、デスクトップ、ファイルを右クリックしてみよう。右クリックした対象に合った操作が選べるようになる。“操作に迷ったら右クリック” と覚えよう。
図1 タスクバー、デスクトップ、ファイルを右クリックしてみよう。右クリックした対象に合った操作が選べるようになる。“操作に迷ったら右クリック” と覚えよう。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料