PR

 「人物がピンボケ」「夜景を撮ったら手ぶれ」──。こんなガッカリする失敗も、最新のデジカメに買い換えるだけで、なくなります。シーンに応じて自動で最適な設定にしてくれるなど、デジカメの頭脳が数年前よりも飛躍的に進化しているからです。早速、“失敗知らず”のデジカメライフを手に入れましょう!

 「最新のデジタルカメラは、画素数が上がっているだけ。今使っているデジカメで十分──」。そう思っている人が多いかもしれないが、実は正しくない。

 確かに以前は、デジカメの進化と言えば、画素数のアップや撮影機能の強化などが主だった。だがいくら高機能でも、使いこなせないことには意味がない。

 そこでデジカメメーカーは、暗い場所でもぶれを防ぐ「手ぶれ補正機構」や、自動で人物の顔にピントを合わせる「顔認識機能」など、簡単な操作で失敗写真を防ぐことに注力し始めた(図1)。中には、撮影シーンを自動で認識して、シャッターを押すだけで最適な設定で写せるものまである。

 最新のデジカメなら、もはや何も考える必要はない。手ぶれやピンボケといった失敗写真は激減する。それでいて、価格は3万円前後と手頃。今こそ、絶好の買い換え時だ。

図1 最新のデジカメは、画素数が上がっているだけでなく、「手ぶれ補正機構」や「顔認識機能」など、失敗写真を防ぐための機能が充実している
図1 最新のデジカメは、画素数が上がっているだけでなく、「手ぶれ補正機構」や「顔認識機能」など、失敗写真を防ぐための機能が充実している