PR

 本編では3万円前後のコンパクトデジカメについて解説したが、写真にこだわりがある人には、一眼レフデジカメがお薦めだ。コンパクトデジカメよりも性能がはるかに高く、見栄えのよい写真を簡単に撮れる。

 また、一眼レフならレンズを交換できるので、広角レンズで風景を撮影することも、マクロレンズで被写体にグッと迫った写真を撮ることも可能。さらに、絞りやシャッター速度を自在に調節して、“表現力”のある写真を撮ることができる(図1)。

図1 一眼レフは、撮像素子が大きく、コンパクトデジカメより画質がよい。オートフォーカスも高速なので、見栄えのよい写真が楽に撮れる。絞りやシャッター速度を自在に調節できるので、写真の表現の幅が広がる
図1 一眼レフは、撮像素子が大きく、コンパクトデジカメより画質がよい。オートフォーカスも高速なので、見栄えのよい写真が楽に撮れる。絞りやシャッター速度を自在に調節できるので、写真の表現の幅が広がる
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料