PR

 番組の視聴や予約録画は、視聴ソフトで操作できます。視聴ソフトの操作パネルを開くと、チャンネルの切り替えや音量の調節、録画予約などができるようになっています。リモコンを使った操作が基本となるテレビやDVDレコーダーとは、やや操作方法が異なります。[注]

 では、バッファローの製品に付属する視聴ソフト「PCastTVfor 地デジ」を例に、操作方法を見ていきましょう。ソフトを起動するとメイン画面が開きます。下部に表示されるのが操作パネルです(図1~図3)。

[注]:パソコン用の地デジチューナーも、一部の製品はリモコン操作に対応しています。
 
 

操作パネルでラクラク使える

図1 「PCastTV for 地デジ」のメイン画面。主要な操作は、画面下に表示される操作パネルで行う。
図1 「PCastTV for 地デジ」のメイン画面。主要な操作は、画面下に表示される操作パネルで行う。
[画像のクリックで拡大表示]

(1)ミュート/-/+
音量調節ボタン。「ミュート」をクリックすると音量がオフ。「-」で音量ダウン、「+」で音量アップとなる。音量はキーボード操作でも調節できる。ミュートが「F8」キー、音量ダウンが「F9」キー、音量アップが「F10」キーとなる。

(2)早送り/シーク早送り
番組を早送りして再生する。視聴中の番組を巻き戻したときと、録画番組の再生中に有効。「シーク早送り」は1クリックで30秒早送りできる。CMを飛ばして見るときに便利。

(3)シーク巻戻し/巻戻し
番組を巻き戻して再生する。番組の視聴中、および録画番組の再生中に有効。「シーク巻戻し」は1クリックで30秒巻き戻せる。

(4)再生/一時停止
視聴中の番組を一時停止する。もう1度クリックすると、番組の視聴が再開する。録画番組の視聴時にも有効。

(5)録画/録画停止
視聴中の番組を録画する。クリックすると録画が始まり、もう1度クリックすると録画が停止する。

(6)設定

「PCastTV for 地デジ」の設定を変更するときに使う。画質、チャンネルの再割り当て、タイムシフト機能の録画時間、録画データの保存先などを設定できる。
「PCastTV for 地デジ」の設定を変更するときに使う。画質、チャンネルの再割り当て、タイムシフト機能の録画時間、録画データの保存先などを設定できる。

(7)番組表

録画の予約に便利な番組表を表示する(右画面)。「チャンネル」ボタンを押すと、放送中の番組が一覧表示される(左画面)。見たい番組をダブルクリックするとチャンネルが切り替わる。なお番組表はEPG(下のQ&A参照)形式のため、完全なデータを取得するまで1~2日ほどかかる。
録画の予約に便利な番組表を表示する(右画面)。「チャンネル」ボタンを押すと、放送中の番組が一覧表示される(左画面)。見たい番組をダブルクリックするとチャンネルが切り替わる。なお番組表はEPG(下のQ&A参照)形式のため、完全なデータを取得するまで1~2日ほどかかる。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料