PR

今、テレビチューナーを買うなら地デジかワンセグで決まり!

 2011年7月には地上デジタル放送(以下、地デジ)へ完全移行します。これからパソコン用のテレビチューナーを買うなら、地デジかワンセグで決まりです。

 今、注目を集めているのが、続々と新製品が登場している地デジチューナーです。高精細なハイビジョン画質でテレビを視聴・録画できるのが魅力。ただし、動作条件が厳しく、性能の高い最新のパソコンが必要です。

 一方、ワンセグチューナーは、やや古いパソコンでも快適に使えます。画質は数段落ちますが、パソコンと一緒に持ち歩いて、手軽に使える長所があります。

 パソコンが最新のテレビ&レコーダーへと早変わりするテレビチューナー。この特集では、製品選びから、導入や設定、使い方までを紹介します。

地デジチューナー編

 地デジチューナーは、パソコンのUSB端子に接続するタイプと、デスクトップパソコンに内蔵するタイプがあります。

 簡単に使えるのがUSB接続型で、ノートパソコンでも使えます。バッファローの「DT-H30/U2」(図1)は、外付け地デジチューナーの定番です。地デジの視聴、録画、DVDディスクへのムーブと、1台で3役をこなします。エスケイネットの「SK-MTVHDUS」(図2)は、リモコンが付属。マウスを使わずにチャンネルや音量を操作できます。


定番の外付け型チューナー
バッファロー DT-H30/U2

実売価格:1万2600円

1_spx400.jpg
1_spx400.jpg
[注]:ハイビジョン画質ではなく、DVD並みの標準画質となります。
 

リモコンが標準で付属
エスケイネット MonsterTV HDUS SK-MTVHDUS

実売価格:1万4600円

2_spx400.jpg
2_spx400.jpg