PR

「確定申告」という言葉は知っていても、自分には無関係と思っている人は多いだろう。しかし税制は毎年変わるので、今年はあなたも対象者かもしれない。パソコンとネットを活用すれば、少しの手間で税金を取り戻せる。早速始めよう。

 年度末は毎年恒例、確定申告の時期でもある。個人事業者などにとって確定申告は、避けて通れない仕事の一つだ。しかし、毎月の給与から税金や社会保険料が天引きされている会社員にとっては、あまりなじみのない手続きかもしれない。

 確定申告とは、一年間に得た収入と、税制上認められる経費および社会保険料などによる支出から、年間所得を算出し、その額に見合った所得税を納める手続きのこと。所得金額に基づいて、住民税や健康保険などの社会保険料の額も決まる。

 会社員の多くが確定申告をせずに済むのは、給与を支払っている会社側で年末調整をし、確定申告と同等の精算をしているためだ。言い換えれば、年末調整に含まれなかった収入や支出があれば、自分で申告する必要があるかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料