PR

 旅行を楽しんだ友人からステキな風景写真をデジカメ画像で受け取ったとき、「どうやって撮影したのかな」など、気になることがあります。

 実は、撮影の日時、使用機種、絞り値などの情報は、撮影時に画像と一緒に記録されています。これらの情報は「Exif(イグジフ)」といい、パソコンで簡単に確認できるのです。

 この情報を見るには、まず画像ファイルを右クリックします。表示されたメニューで「プロパティ」をクリックします(図1)。すると、画像のプロパティ画面が表示されるので、「詳細」をクリックします。画面の右端にあるスクロールバーのボタンをドラッグすれば、各種情報が表示されます(図2)。

図1 画像ファイルを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。
図1 画像ファイルを右クリックして「プロパティ」を選ぶ。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 撮影時に記録された撮影情報が表示される。
図2 撮影時に記録された撮影情報が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 ここには、画像の大きさや解像度に加えて、画像を撮影したときのレンズの焦点距離、絞り値、シャッター速度、感度などが記録されているので、自分で撮影するときの参考になるでしょう。

 なお、Exifの撮影日時などは絶対に正しいとは限りません。デジタルカメラ本体の日時設定が誤っていると、不正確な撮影日が記録されるのです。また、画像編集ソフトを使って、画像を加工したときなど、Exif情報が失われている場合もあります。

日経夕刊ネットナビ