PR

 ウィンドウズ ビスタでは、フォルダに写真が入っていると、アイコンに中身の画像が見本として表示されるようになっています(図1)。フォルダを開かずに中の写真が分かって便利です。ただし、表示される画像は、フォルダの中の写真から自動的に選ばれるため、表示された画像では、どのような写真を収めたフォルダなのか、見当が付かないことがあります。実はビスタでは、フォルダのアイコンに表示する写真を自分で自由に選ぶことができます。

図1 ビスタではフォルダ内の写真が見本として表示される。
図1 ビスタではフォルダ内の写真が見本として表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 この機能で、フォルダの中身がひと目で分かる写真を選びましょう。手順は次の通り。まずは、写真が入ったフォルダのアイコンを右クリックし、表示されるメニューで「プロパティ」をクリックします(図2)。これで現れた画面で、「カスタマイズ」、「ファイルの選択」の順にクリックします(図3)。「ファイルの参照」画面が現れたら、アイコンに表示したい写真をクリックします(図4)。後は「開く」、「OK」と順にクリック。図3の画面に戻るので、「OK」をクリックします。これで、選んだ写真がフォルダのアイコン上に表示されます(図5)。

図2 写真を変更したいフォルダを右クリックし、「プロパティ」をクリック。
図2 写真を変更したいフォルダを右クリックし、「プロパティ」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「カスタマイズ」タブ→「ファイルの選択」とクリック。
図3 「カスタマイズ」タブ→「ファイルの選択」とクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 表示したい写真→「開く」とクリック。
図4 表示したい写真→「開く」とクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

図5 自分で選んだ空と雲の写真がフォルダに表示された。
図5 自分で選んだ空と雲の写真がフォルダに表示された。
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、元のようにビスタが自動的に選ぶ設定にするには、図3の画面で「規定値に戻す」をクリックします。

日経夕刊ネットナビ