PR

 今回はメールサービスの「Hotmail」を使ってみる。「Hotmail」は、ブラウザー上でメールを送受信するWebメールだ。インターネットに接続できる環境であればどこででも利用できるのがWebメールの利点。すでにWindows LiveのIDを取得済みなら、すぐにでも使い始めることができる。

 この「Hotmail」には有料タイプと無料タイプがあり、次のような違いがある。今回は誰もが手軽に利用できる無料タイプを取り上げる。

[画像のクリックで拡大表示]

 Hotmailを使うのに特別なことはいらない。Windows LiveのWebページから、Windows LiveのIDとパスワードを使ってサインインする。表示されるページの上部にある「メール」をクリックするとメール画面が開く。

 もしもメール画面が開かず、「まだ受信トレイがありません」と表示された場合は、Hotmailを利用するためのID(メールアドレス)を改めて作成する必要がある。これは、Windows Live IDの作成時にHotmailやメッセンジャー、XboxLiveユーザーのアカウント以外に、プロバイダーなどの既存のメールアドレスを使用した場合に起こる。詳しい設定方法については最後の「Windows Live IDが手持ちのメールアドレスの場合」で紹介するので参考にしてほしい。

Hotmailの画面。「Windows Liveホーム」からIDとパスワードを使ってサインインし、メール画面を開く
Hotmailの画面。「Windows Liveホーム」からIDとパスワードを使ってサインインし、メール画面を開く
[画像のクリックで拡大表示]

Windows Live IDを作成した際に手持ちのメールアドレスで作成した場合に表示される。新たにHotmail用のID(メールアドレス)を作る必要がある
Windows Live IDを作成した際に手持ちのメールアドレスで作成した場合に表示される。新たにHotmail用のID(メールアドレス)を作る必要がある
[画像のクリックで拡大表示]