PR

Windows Live IDが手持ちのメールアドレスの場合

 Windows LiveのIDを、「~@live.jp」や「~@hotmail.co.jp」などのWindows Live用ではない手持ちのメールアドレスで登録した場合、サインインして「メール」画面を開くと「まだ受信トレイがありません」と表示される。Hotmailのアドレスが作られていないということだ。

 この場合は、「Windows Live Hotmailに申し込み」をクリックして、改めて「~@live.jp」か「~@hotmail.co.jp」のID(メールアドレス)を作成する必要がある。

 実はWindow Live Hotmailのアドレスを作成すると、それはWindows Live IDとしても登録される。つまり、それまで使っていたIDと、メール機能を使うために登録したIDという2つのWindows Live IDができてしまうことになる。過去に使っていたIDですでにフォトアルバムなどを作っている場合、新たにメール利用用に作成したWindows Live用のIDでサインインすると見られない。2つは独立した形で使うことになる。

 そこで使いたいのが「リンクID」機能だ。複数のIDを持っている場合、それらをリンクさせて、簡単に切り替えられるようにするというものだ。この機能を使うと、どちらのIDでサインインしていても、サインアウトせず、必要なときに別IDに切り替えてサービスを使うことができるようになる。

プロバイダーや他の無料メールアドレスでIDを作成した場合、Hotmailを使おうと「メール」をクリックするとこのような画面が現れてしまう。「Windows Live Hotmailに申し込み」をクリックして、改めてHotmail用にIDを取得する
プロバイダーや他の無料メールアドレスでIDを作成した場合、Hotmailを使おうと「メール」をクリックするとこのような画面が現れてしまう。「Windows Live Hotmailに申し込み」をクリックして、改めてHotmail用にIDを取得する
[画像のクリックで拡大表示]

最初にWindows Live IDを作成したときと同じ要領でIDを作成する
最初にWindows Live IDを作成したときと同じ要領でIDを作成する
[画像のクリックで拡大表示]

作成したIDでサインインして「メール」画面を開くと、Hotmailが使えるようになる
作成したIDでサインインして「メール」画面を開くと、Hotmailが使えるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

「ホーム」画面を開き、「オプション」から「その他のオプション」を選び、開く画面の「アカウント」欄にある「リンクID」をクリックする
「ホーム」画面を開き、「オプション」から「その他のオプション」を選び、開く画面の「アカウント」欄にある「リンクID」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

さらに開く画面で「既存のWindows Live IDを関連付ける」をクリックする
さらに開く画面で「既存のWindows Live IDを関連付ける」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

画面の設定項目に添って関連付けるIDとそのパスワードを入力し、「リンク」ボタンを押す
画面の設定項目に添って関連付けるIDとそのパスワードを入力し、「リンク」ボタンを押す
[画像のクリックで拡大表示]

Hotmailが使えないIDでサインインして「メール」画面を開いたところ。この状態でアカウント名をクリックして、メニューに表示されるもう1つのIDをクリックする
Hotmailが使えないIDでサインインして「メール」画面を開いたところ。この状態でアカウント名をクリックして、メニューに表示されるもう1つのIDをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

すると選択したIDに切り替わり、Hotmailが使えるようになる。確認のためにアカウント名をクリックすると、現在は後から追加したHotmail用のIDが選択され、切り替わったことがわかる
すると選択したIDに切り替わり、Hotmailが使えるようになる。確認のためにアカウント名をクリックすると、現在は後から追加したHotmail用のIDが選択され、切り替わったことがわかる
[画像のクリックで拡大表示]