PR

■ダウンロード/インストールの方法はこちらを参照してください。

 自分オリジナルのバインダーラベルやビデオラベル、持ち物に貼る名前シールなどを作るのは楽しいし、実用も兼ねて一石二鳥だ。自分用グッズだけでなく、プレゼントにも手作りラベルは大活躍。とにかく家庭にオフィスに学校にギフトに、プリンターを大いに活用しよう。

 「ラベル屋さんHome」はラベルやシール、名刺などの用紙メーカー、エーワンが提供する無償ソフトだ。エーワンの用紙はたいていのショップで買えるから、作りたいものがすぐに作れて便利。豊富なテンプレートを自分なりに編集して印刷するだけで、オリジナルラベルやカードの出来上がりだ。

まずは用紙を買いに行く

 ソフトはインストーラー付き。エーワンのラベル屋さん専用サイト(図1)からダウンロード、インストールしたらスタートメニューに登録される。起動したらまずはトップメニューで用途を選ぶ(図2)。「用紙一覧から探す」「商品番号から探す」「用途から探す」の3つから選べる。あらかじめ用紙を買っておいて商品番号から選ぶのも手だ。

【ラベル用紙を使ってオリジナルの名前シールを作ってみる】
図1 サイトにはテンプレート集もある。姉妹サイト「プリント生活」は印刷のヒントが満載
図1 サイトにはテンプレート集もある。姉妹サイト「プリント生活」は印刷のヒントが満載

図2 最初に用紙(エーワンのラベル用紙)の種類を決めるか、もしくは用途を決めて作業を進める
図2 最初に用紙(エーワンのラベル用紙)の種類を決めるか、もしくは用途を決めて作業を進める

 次に用紙を選び(図3)、さらにテンプレートを選択(図4)。選んだテンプレートで文字を入力したり(図5)、背景や画像、配置を変えるなどしてアレンジした後、「印刷」する(図6)。操作は分かりやすく子供でも作れそう。ヘルプやサポートも充実していて、初心者でも大丈夫だ。

図3 用途として「ネーム」を選んだ次の画面。ここで用紙の種類を選択する
図3 用途として「ネーム」を選んだ次の画面。ここで用紙の種類を選択する

図4 テンプレートの選択画面が開くので、好みのものを選んで貼り付ける
図4 テンプレートの選択画面が開くので、好みのものを選んで貼り付ける

図5 左側のパネルでいろいろな作業を選ぶ。「文字」をクリックして氏名を入力した
図5 左側のパネルでいろいろな作業を選ぶ。「文字」をクリックして氏名を入力した

図6 左側の「全面操作」で全体にコピーしたら、「印刷」で印刷する
図6 左側の「全面操作」で全体にコピーしたら、「印刷」で印刷する

 専用サイト(図1)の「テンプレートギャラリー」から、好きな追加テンプレートをダウンロードできるのも魅力。テンプレートはソフトと同じ用途で分類されているほか、人気ランキングもある。動物や季節、文字、枠線などの部分素材も用意されていて、まさに至れり尽くせりだ。

 自分も楽しく周りも楽しい自分シールや自分ラベル、本当に簡単で便利なので、あなたも作ってみては。