PR

 ご質問のように会員制のホームページを正しく表示できない原因の多くは(図1)、インターネット・エクスプローラ(IE)で「Cookie(クッキー)」の設定が無効になっているためです。

会員制ページを開けない

図1 ホームページを開いて、「クッキーが無効になっています」というエラーが現れた。これではサービスを利用できない。
図1 ホームページを開いて、「クッキーが無効になっています」というエラーが現れた。これではサービスを利用できない。

 クッキーとは、ホームページを閲覧するとパソコンに保存される特殊なファイルのこと。このファイルを使い、ホームページの管理者は閲覧者に合わせたサービスを提供できます。

 例えば、ショッピングなどの会員登録しているページを開くと、自分の名前が表示されることがあります。これはクッキーの仕組みを使っています。まず、登録時にホームページからクッキーが送られ、パソコンに保存されます。再度同じページを開くとクッキーでパソコンを特定し、利用者に合った情報(ここでは利用者の氏名)を表示するのです(図2)。

クッキーの仕組み

図2 会員制のホームページで利用登録をすると、クッキーが送られて、パソコンに保存される。次にそのページを開くときは、クッキーを使って個人を特定し、利用者に合った情報が表示される。
図2 会員制のホームページで利用登録をすると、クッキーが送られて、パソコンに保存される。次にそのページを開くときは、クッキーを使って個人を特定し、利用者に合った情報が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

 ページによっては、クッキーを送らないとページを表示できないことがあり、これがページを表示できない理由です。以下の方法を試してください。

 IEを起動して「インターネットオプション」を開きます。図3のように「自動Cookie処理を上書きする」にチェックを付ければ、クッキーが有効になります。(協力:マイクロソフトコンシューマサポート部 山口 森氏)

図3 IEで「ツール」→「インターネットオプション」とクリックすると、この画面が出る。「プライバシー」、「詳細設定」とクリック(1)(2)。「自動Cookie~」にチェックを付け(3)、「OK」をクリック(4)。次の画面で「OK」。これでクッキーが有効になる。
図3 IEで「ツール」→「インターネットオプション」とクリックすると、この画面が出る。「プライバシー」、「詳細設定」とクリック(1)(2)。「自動Cookie~」にチェックを付け(3)、「OK」をクリック(4)。次の画面で「OK」。これでクッキーが有効になる。
[画像のクリックで拡大表示]