PR

 ネット上で好きな時間に動画を見られることから、「ネット動画」などと呼ばれる動画配信サービスが人気です。

 ネット動画は、ホームページ上で動画のリンクをクリックすれば、メディアプレーヤーなどの動画再生ソフトが起動して視聴できるようになっています。これは、動画と再生ソフトとが結び付けられているからです。

 動画再生ソフトには、メディアプレーヤー以外にも、「クイックタイム」など様々な種類があります。これらをインストールすると、この結び付きが変わってしまうことがあるのです。ご質問のように、動画を選んでも再生が始まらず、保存画面が出てしまうのはこのためです(図1)。以下の操作でメディアプレーヤーを標準で使用する再生ソフトに戻せば、再び視聴できるようになります。

ネット動画の再生が始まらない

図1 「ネット動画」を見るため、ホームページ上で「視聴」ボタンをクリックした(左画面)。これまでは、自動的にメディアプレーヤーが起動して動画の再生が始まった(下画面)。しかし、今は再生が始まらず、ファイルの保存画面が現れてしまう(左下画面)。
[画像のクリックで拡大表示]

 まず、動画を選んだときに現れる画面で、ファイルを保存します。そのファイルを右クリックし、「プログラムから開く」↓「プログラムの選択」とクリック(図2)。図3の画面でメディアプレーヤーを選び、「~選択したプログラムをいつも使う」にチェックを付ければ完了です。

(協力:マイクロソフトコンシューマサポート部 山口 森氏)

メディアプレーヤーを標準で使うように設定

<font color=図2 図1の左下画面で、ファイルをパソコンに保存する。そのファイルを右クリックし、「プログラムから開く」→「プログラムの選択」とクリックする。">
図2 図1の左下画面で、ファイルをパソコンに保存する。そのファイルを右クリックし、「プログラムから開く」→「プログラムの選択」とクリックする。

<font color=図3 「プログラム」欄の中から、「Windows Media Player」を選び(1)、「~選択したプログラムをいつも使う」にチェックを付ける(2)。「OK」をクリック(3)。これで、以前と同様にメディアプレーヤーでネット動画を再生できるようになる。">
図3 「プログラム」欄の中から、「Windows Media Player」を選び(1)、「~選択したプログラムをいつも使う」にチェックを付ける(2)。「OK」をクリック(3)。これで、以前と同様にメディアプレーヤーでネット動画を再生できるようになる。