PR

 標準の日本語入力ソフト「IME」には、「入力オートコレクト」という機能があります。これにより、特定のキー入力を間違えても正しいものに自動修正してくれるので便利です。例えば、「2,300円」と三桁ごとに「,」(カンマ)で区切る場合、誤って「2、300」と「、」(読点)を入れても、この機能によって自動的に置き換わります。

 ご質問のように「3、4人」と入力しても「3,4人」となるのは、このためです(図1)。図2のように「3、」と「4人」とを別々に入力すれば、簡単に対処できます。

数字の後の「、」が「,」に置き換わってしまう

<font color=図1 メールの文面に「3、4人」と入力したい。しかし、「3」「、」「4」とキー入力したのに、「3,4」と「、」が「,」に置き換わって表示されてしまう。どうすれば、正しく入力できる?">
図1 メールの文面に「3、4人」と入力したい。しかし、「3」「、」「4」とキー入力したのに、「3,4」と「、」が「,」に置き換わって表示されてしまう。どうすれば、正しく入力できる?

<font color=図2 「3、」まで入力したら「Enter」キーを押し確定する。その後に「4人」と入力すれば、「3、4人」と入力できる。">
図2 「3、」まで入力したら「Enter」キーを押し確定する。その後に「4人」と入力すれば、「3、4人」と入力できる。

 もし、今回のようなケースが多くて気になるなら、置き換わらないように設定を変えてください。IMEの「プロパティ」を表示し、「数字の後の~」のチェックを外します(図3、図4)。これで、読点がカンマに置き換わることはなくなります。

「、」が「,」にならないように設定する

<font color=図3 「、」が「,」に置き換わることがよくあり、困っているなら設定を変更しよう。まず、IMEツールバーの「ツール」ボタン→「プロパティ」とクリック。">
図3 「、」が「,」に置き換わることがよくあり、困っているなら設定を変更しよう。まず、IMEツールバーの「ツール」ボタン→「プロパティ」とクリック。

<font color=図4 「オートコレクト」をクリック(1)。「入力オートコレクト」欄の『数字の後の「。」を「.」に、「、」を「,」に変更』のチェックを外す(2)。「OK」をクリック(3)。">
図4 「オートコレクト」をクリック(1)。「入力オートコレクト」欄の『数字の後の「。」を「.」に、「、」を「,」に変更』のチェックを外す(2)。「OK」をクリック(3)。

 「入力オートコレクト」は、ほかにも様々な入力ミスを修正してくれます。例えば、「キッチン」と入力するとき、「kittin」と「n」が一つ不足しても変換できます(図5)。「yottto」と「t」を一つ多く入力しても、「ヨット」と変換できます(図6)。

(協力:マイクロソフトコンシューマサポート部 山口 森氏)

こんな間違いも自動修正してくれる

「n」が一つ不足していても変換できる
<font color=図5 「キッチン」は「kittinn」とキー入力して変換する。入力オートコレクト機能が有効なら、「kittin」と「n」が一つ足りなくても変換できる。">
図5 「キッチン」は「kittinn」とキー入力して変換する。入力オートコレクト機能が有効なら、「kittin」と「n」が一つ足りなくても変換できる。

「t」が一つ多くても変換できる
<font color=図6 「ヨット」は「yotto」と入力して変換する。誤って「yottto」と「t」を一つ多く入力しても、正しく変換できる。">
図6 「ヨット」は「yotto」と入力して変換する。誤って「yottto」と「t」を一つ多く入力しても、正しく変換できる。