PR

エラーの原因になる傷や汚れを一掃する

 CDやDVDはレーザー光を盤面に当て、光の反射でデータを読み取る。ところが、記録面に傷があると、光が乱反射して読み取れないことがある。こんなときは、ディスクの表面を研磨すれば、再び読めることが多い(図1)。

図1 CDやDVDなどのディスクに細かい傷が付くと、データを読み取るレーザー光が乱反射するため、うまく読めなくなることがある。研磨して傷を目立たなくすれば、再び読めるようになる
図1 CDやDVDなどのディスクに細かい傷が付くと、データを読み取るレーザー光が乱反射するため、うまく読めなくなることがある。研磨して傷を目立たなくすれば、再び読めるようになる

 それには、市販の研磨機(ディスク修復機)を使う(図2)。

図2 今回は、価格の安い手動式の研磨機(ディスク修復機)を使う
図2 今回は、価格の安い手動式の研磨機(ディスク修復機)を使う