PR

 次にインターネットメールの仕組みを見ていこう。メールはどうやって届くのか。まずはメールシステムの全体像を理解しよう(図17)。

図17 taro@nikkeibp.co.jpあてにメールを送信する例。メールはまず、差出人のメールソフトで設定されているSMTPサーバーへ転送される。そのサーバーからさらにドメイン名「nikkeibp.co.jp」に相当するサーバーへ転送され、最終的にtaroの私書箱であるPOPサーバーへ届く。taroはメールソフトを使い、POP3プロトコルで私書箱にあるメールをパソコンへ転送する
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーザーが出したメールを相手に届けるのは、インターネット上にあるメールサーバーだ。これはいわば“インターネットの郵便局”。手紙を出すときはメールソフトを使って、自分のプロバイダーや会社・組織のメールサーバーにメールを送信。するとメールサーバーはあて先のドメイン名(@以下)を見て、当該サーバーへメールを転送する。最後に受取人がメールソフトを使い、メールが届いたサーバーへアクセスしてそれを取得(ダウンロード)する。