PR

 まずはWebから見ていこう。Webの仕組みを知るには、「Webブラウザーが何をしているのか」を理解するのが一番。以下、その動作を順に見ていきたい。

 Webページを見るときは、Webブラウザーのアドレスバーにアドレスを入力する。これはURL(uniform resource locator)と呼ばれる。

「http:」って何の意味?

 通常、WebページのURLは「http:」で始まる。これはHTTPと呼ばれるプロトコルでリソース(資源)にアクセスすることを表す(図1)。リソースとは、ネット経由で提供されるデータやサービスを指す。

【「http」はWebのプロトコル名】
<font color=図1 URLは通信手順を表すプロトコル名(スキーム名)で始まり、サーバーのドメイン名(ホスト名)の後に、フォルダー/ファイル名などのリソースが続く。Webブラウザーは当該サーバーにアクセスし、HTTPプロトコルに従って当該リソースを要求する">
図1 URLは通信手順を表すプロトコル名(スキーム名)で始まり、サーバーのドメイン名(ホスト名)の後に、フォルダー/ファイル名などのリソースが続く。Webブラウザーは当該サーバーにアクセスし、HTTPプロトコルに従って当該リソースを要求する

 プロトコルとは、コンピューター同士がデータをやり取りするための取り決め(通信手順)。WebのプロトコルはHTTPなのでURLは「http://」で始まるのだ。これはhypertext transfer protocolの略。そのほかのプロトコルとしては、メールの送受信に使われるSMTPやPOP3などがある(メール編で詳述)。

 ブラウザーで使われるほかのプロトコルとしては、ファイル転送のFTP、SSL(後述)を使ってセキュリティを高めたHTTPのHTTPSなどがある。前者のURLは「ftp:」、後者は「https:」で始まる。

 リソースの場所の記述方法はプロトコル名によって異なるが、HTTPやFTP、HTTPSでは「ドメイン名/フォルダー名/ファイル名」で指定する。「pc.nikkeibp.co.jp/security/index.html」といった具合だ。

 なおURLの先頭文字列(スキーム名)はプロトコル名とは限らない。例えば「file:」。Internet Explorer(IE)のアドレスバーに「file:///c:\」と入力して[Enter]キーを押せば、Cドライブの内容が表示される。

 URLをタイプミスして、ブラウザーに“怒られた”経験のある人は多いはず。例えば「htp:」などとタイプミスすると、Firefoxは図2のようなエラーメッセージを表示する。これは、そのプロトコル(スキーム)が規格として存在しないか、ブラウザーがサポートしていないことを表す。

図2 プロトコル関連のエラーが表示された場合には、プロトコル名(スキーム名)のタイプミスが原因であることがほとんど。左はFirefox、右はInternet Explorer(IE)。IEは賢くて、「htp」や「ttp」など多少のタイプミスは自動修正してくれるが、「tp」はさすがにダメだった
[画像のクリックで拡大表示]

 なおIEでは、「htp」や「htt」などhttpに似た文字列は自動修正してくれる。エラーが出るのは似ても似つかず修正のしようがないスキーム名が入力された場合だけだ。