PR

 タスクトレイとは、デスクトップ画面の右下、タスクバーの右端にある、小さなアイコンが並んでいる部分です。ここには、必要なときにすぐに呼び出せるように常駐しているプログラムのアイコンが表示されています。Windows XPやVistaでは「通知領域」とも呼んでいます。

 通常は、ほとんどのプログラムのアイコンが「アクティブでないときに非表示」という設定になっています。そのため、使用しているプログラムの種類や状況によって、タスクトレイに表示されるアイコンが増えたり減ったりするのです。

 パソコンを使用中に、表示されるアイコンの数が頻繁に変わるのが気になるという場合は、タスクトレイの設定を変更してしまうといいでしょう。「音量」や「ハードウェアの安全な取り外し」、チャットソフトのように、よく操作するプログラムを常に表示する設定にしたり、逆にシステムのユーティリティソフトなど普段操作しないプログラムを表示しない設定にしたりしておくのも一つの方法です。使いやすく、見た目もすっきりします。

プログラムごとに設定

 タスクトレイの設定は、タスクバーの「プロパティ」で変更できます。

 OSがWindows XPの場合で説明します(下図)。まず、タスクバーの何もないところを右クリックし、表示されるメニューから「プロパティ」を選択します。ウインドウが開いたら、「タスクバー」タブの右下にある「カスタマイズ」ボタンをクリック。すると、常駐プログラムの一覧が表示されます。この画面でプログラムごとに表示の設定を変更していきます。「動作」欄をクリックし、表示されるプルダウンメニューから「アクティブでないときに非表示」「常に非表示」「常に表示」のいずれかを選び、最後に「OK」をクリックすれば設定は完了です。変更後、元に戻したい場合は一覧の下にある「既定値に戻す」をクリックします。

(1)タスクトレイに表示されるアイコンを変更するには、右クリックメニューから「プロパティ」を選択(2)「タスクバー」タブで「カスタマイズ」をクリックする(3)アイコンごとに「アクティブでないときに非表示」「常に非表示」「常に表示」の設定を選ぶ
(1)タスクトレイに表示されるアイコンを変更するには、右クリックメニューから「プロパティ」を選択(2)「タスクバー」タブで「カスタマイズ」をクリックする(3)アイコンごとに「アクティブでないときに非表示」「常に非表示」「常に表示」の設定を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

 OSがWindows Vistaでも、設定方法は基本的に同じです(下図)。異なるのは、カスタマイズボタンがある場所です。Vistaではタスクバーのプロパティウインドウを開き、「通知領域」タブを選ぶと、その配下にカスタマイズボタンがあります。

【Vistaは「通知領域」タブで設定】
Windows Vistaでは、タスクバーを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択。「通知領域」タブを選んで「カスタマイズ」をクリックする。この後の設定はXPと同じ
Windows Vistaでは、タスクバーを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択。「通知領域」タブを選んで「カスタマイズ」をクリックする。この後の設定はXPと同じ