PR

■処理速度の増加

 Windows Vistaには、処理速度を向上させる機能がいくつか用意されています。ここでは、Windows ReadyBoost、ハードディスクのデフラグ、電源オプションについて説明します。

【 練習問題 】

USBメモリを使ってコンピュータを高速化する設定を行ってください。その際、USBメモリの空き容量の半分を高速化のために使用してください。

【 機能の説明 】

Windows ReadyBoostを使うと、USBメモリやSDメモリカードなどを使用してコンピュータの速度を向上させることができます。USBポートにUSBメモリを挿入すると、ダイアログボックスが表示されて割り当てるメモリ量を設定できます。

 

USBメモリをWindows ReadyBoostで使用する

(1)USBメモリをコンピュータのUSBポートに挿入します。

(2)[自動再生]ダイアログボックスが表示されたら、[システムの高速化]をクリックします。

(3)[リムーバブルディスクのプロパティ]ダイアログボックスの[ReadyBoost]タブが表示されたら、[このデバイスを使用する]をクリックします。

(4)スライダを操作して領域を設定します。

(5)[OK]をクリックします。

[画像のクリックで拡大表示]