PR

 海外でのネット接続といえば、モデムを使うことが一般的でした。でも最近は、大手のホテルを中心に、客室に有線LANが完備され、LANケーブルだけでネットに接続できるケースが増えています。

 ただ、宿泊するホテルに有線LANがあるかを事前に確認できないこともあります。こんなとき、頼りになるのが「アイパス」というサービス。アイパスは、有線・無線LAN事業者と提携し、約80カ国で利用できます。OCN、アット・ニフティ、ビッグローブ、ヤフー!BBなど主要プロバイダーの加入者なら、アイパスを簡単に使えます。

 まずは旅行前に、訪問地で使える場所を調べておきます(図1~図4)。お薦めは、空港、ホテルのロビー、マクドナルドなどで利用できる無線LAN。プロバイダーから接続に必要な専用ソフトを入手するのも忘れないでください。

 有線・無線LANが使える場所に着いたら、専用ソフトで接続します。料金は分単位の従量制で、プロバイダー料金に加算されます。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]