PR

 現在の環境が気に入っているという人は単純にイメージバックアップを行って、トラブルに備えるといいだろう。

 ここでは小手先の対処ではどうしようもなくなった場合のリカバリーを考える。

 せっかくトラブル対処を行うなら、二度と同じ失敗を繰り返さないように、理想的な状態から自分だけのリカバリー環境を構築してみたい。