PR

 宴会や合宿などの幹事を仰せつかると、やれ場所探しだ、予約だ、通知だと、やらなくてはいけないことが目白押しになる。一つ一つを手帳に書いたり、パソコンにインストールしたスケジュール管理ソフトに入力したりしてもいいが、一度試してみたいのがWindows Liveの「イベント」だ。

 「イベント」では、集まりの日時や場所などの情報入力はもちろん、メンバーにまとめて通知メールを送る機能やメンバーの参加・不参加の管理、ブログでの告知、掲示板を使ったメンバーとの打ち合わせなど、イベントをスムーズに開催するための便利機能が備わっている。

 招待されたメンバーはWindows LiveのIDを持っていなくてもイベントページを見たり、ページから参加登録を行うことができる。Windows Live内のサービスなので、インターネットに接続できる環境であればどこからでも編集や閲覧ができ、情報を一元管理できるのが楽だ。

 遊びの予定に限らず、ちょっとした勉強会の集まりなど、活用用途は広い。開催時間の変更など情報を更新する際にも、新たな情報を再通知する機能もあるので連絡漏れが防ぎやすいのもなかなか便利だ。

 同期入社の集まり「同期会」のイベントを作成しながら機能を見て行こう。

イベント管理ツール「イベント」で作成した同期入社メンバーの宴会イベントの内容。ブログに記事として投稿したり「Microsoft Outlook」などのカレンダーツールに登録したり、メンバーに一斉通知メールを送るなど、イベントの進行管理を助ける機能を持つ
イベント管理ツール「イベント」で作成した同期入社メンバーの宴会イベントの内容。ブログに記事として投稿したり「Microsoft Outlook」などのカレンダーツールに登録したり、メンバーに一斉通知メールを送るなど、イベントの進行管理を助ける機能を持つ
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows Liveにサインインして「その他」→「イベント」を選ぶ。「サプライズパーティー」や「誕生日」など、いくつかのイベント計画が並ぶ。どれかを選ぶと、ひな型として適した背景デザインが選択されたイベント作成画面が開く。用意されたひな型から選ばずとも「自分のイベントを作成」を選べば任意のイベントを作成できる。

 「イベント」ページでは、「タイトル」ほか、日時や場所などを入力。「テーマ」で背景画像などのテーマセットを選び、イベントページを飾ることもできる。

「Windows Live ホーム」からサインインし、画面上部のメニューから「その他」の「イベント」をクリック。「イベント」ページで「自分のイベントを作成」をクリック
「Windows Live ホーム」からサインインし、画面上部のメニューから「その他」の「イベント」をクリック。「イベント」ページで「自分のイベントを作成」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

必須項目の「タイトル」ほか、日時や場所などを入力。「テーマ」からイベントに似合ったデザインテーマを選ぶ。ここでは「クラブ/サークル」を選んだ
必須項目の「タイトル」ほか、日時や場所などを入力。「テーマ」からイベントに似合ったデザインテーマを選ぶ。ここでは「クラブ/サークル」を選んだ
[画像のクリックで拡大表示]

「クラブ/サークル」ジャンルに登録されているテーマが表示される。クリックすると反映される。「隣人とのパーティー」を選んでみた
「クラブ/サークル」ジャンルに登録されているテーマが表示される。クリックすると反映される。「隣人とのパーティー」を選んでみた
[画像のクリックで拡大表示]

日時を入力。年月日のプルダウンから個々に選んでもいいし、カレンダーのアイコンをクリックして、表示されるカレンダーの日付をクリックして指定してもよい
日時を入力。年月日のプルダウンから個々に選んでもいいし、カレンダーのアイコンをクリックして、表示されるカレンダーの日付をクリックして指定してもよい
[画像のクリックで拡大表示]

勉強会や会議など終了時間がある場合は「終了時間を設定する」をクリックする
勉強会や会議など終了時間がある場合は「終了時間を設定する」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]

すると終了時間の設定項目が現れるので設定する。場所や備考などいがあれば入力して「作成」をクリック
すると終了時間の設定項目が現れるので設定する。場所や備考などいがあれば入力して「作成」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]

イベント「同期会」が作成される
イベント「同期会」が作成される
[画像のクリックで拡大表示]