PR

 オートシェイプに文字列を入力すると、標準設定では、文字列は左上に配置される。図形の“真ん中”にするには、設定画面で縦横の配置を変更する手間が掛かる。これをマクロにして、縦横中央に一発で配置されるようにしよう。セルやコメントでの文字列の配置にも使える(図1)。

図1 オートシェイプの中に文字列を入力すると、左上に配置される。これを、一発で縦横中央に配置しよう。セルやコメントなど、あらゆるものを対象に設定できる[注]
図1 オートシェイプの中に文字列を入力すると、左上に配置される。これを、一発で縦横中央に配置しよう。セルやコメントなど、あらゆるものを対象に設定できる[注]
[画像のクリックで拡大表示]

[注]Excel 2007では、オートシェイプの操作をマクロに記録できないため、 図3の操作を「マクロ記録」で記録できない。 図5のコードを手入力すれば、マクロを使うことができる