PR

 現在、ケータイを安く使う方法は、2年ごとにキャリアを乗り換えることにある。

 2009年6月時点で、最も安い月額利用料でケータイを使うコツは「2年間使い続ける」ことにあると言ってよい。各種割引サービスの適用条件に2年間の継続利用が設定されていることが多いからだ。半面、2年経たずに解約してしまうと、通信料割引のメリットをフルに享受できなかったり、解約金が必要になったりする。これを業界では「2年縛り」と呼んでいる。この慣習は、ケータイ事業者(キャリア)間の新規顧客競争が続く限り、継続されると予測される。

[画像のクリックで拡大表示]

2年間使い続けると、各種割引サービスを受けられる。半面、途中で解約するとメリットが薄くなる
2年間使い続けると、各種割引サービスを受けられる。半面、途中で解約するとメリットが薄くなる
[画像のクリックで拡大表示]