PR

より説得力のあるプレゼンテーションをしたい──それを実現する手段が「動画活用」だ。本特集では、手持ちのデジタルカメラとソフトを使って、動画付きのプレゼン資料を作成する方法やポイントを紹介しよう。

 ビジネスの現場では、企画提案や報告など、さまざまな場面でプレゼンテーションを行う機会がある。より説得力のあるプレゼンをしたい人は多いだろう。

 説得力を大きく左右するのが、プレゼン資料の出来栄えだ。プレゼン資料の中身は一般的に、文字や図、写真、イラストといった静的なコンテンツがほとんどである。

 そこで有効活用したいのが動画だ。プレゼン資料に動画という動的なコンテンツを用いれば、静的なコンテンツだけでは十分に伝えられなかった内容が伝えられると同時に、アピール度も高まり印象に残りやすくなる。プレゼンの説得力が大幅にアップすること間違いなしだ。

 動画プレゼン資料の作成には高価な機材が必要と誤解しがちだが、実は新たな投資は不要。手持ちのデジタルカメラとWindows付属の動画編集ソフト「Windowsムービーメーカー」さえあればOKだ。デジカメは最近の機種なら、動画が撮影できる製品がほとんど。音声も内蔵マイクで録れる。

 デジカメで撮影した動画をパソコンに取り込み、Windowsムービーメーカーで加工。PowerPointのスライドに埋め込めば、スライドショーにて動画を再生できる。

 動画プレゼン資料の作成にはそれほど難しい操作は必要ないので、この機会にぜひマスターしよう。

●動画付きのプレゼン資料
動画を活用したプレゼン資料の例。文章やグラフなどとともに動画が埋め込まれており、クリックすると再生が始まる。音声もありだ
動画を活用したプレゼン資料の例。文章やグラフなどとともに動画が埋め込まれており、クリックすると再生が始まる。音声もありだ
[画像のクリックで拡大表示]

今回使うもの

 動画の撮影には、市販のデジタルカメラを使う。最新機種や上位モデルでなくとも、近年の製品なら大抵は音声付きの動画撮影が可能だ。動画撮影の際にズームを使える製品だとなお使い勝手がいい。動画の加工には、Windowsに標準で付属するソフト「Windowsムービーメーカー」を利用。プレゼンソフトは定番であるマイクロソフトの「PowerPoint」を使う。

最近のデジカメは大部分が、動画撮影機能を備えている。本記事では、XP版のWindowsムービーメーカーを使用する。もちろん、Vista版でも大丈夫だ
最近のデジカメは大部分が、動画撮影機能を備えている。本記事では、XP版のWindowsムービーメーカーを使用する。もちろん、Vista版でも大丈夫だ
[画像のクリックで拡大表示]