PR

最近のマザーボードの上位製品は、PCI Express x16スロットを複数本搭載するモデルが多い。それを見て、グラフィックスボード用のスロットばかり増やさずに、拡張ボード用のスロットも増やしてほしいと思っている人がいるかもしれない。しかし、x16形状のPCI Expressスロットが増えているのは、グラフィックスボードの複数枚挿しと、拡張ボードの複数枚挿しの両方に対応するためだ。

 インターフェースがPCI Express x8や同x4の製品としては、RAIDボードなどがある。また、サウンドボードやビデオキャプチャーボードには、PCI Express x1の製品がある。基本的には、これらはPCI Express x16スロットに取り付けられる。物理的に挿せるし、規格上も問題ない。PCI Expressは電源投入時に必要な信号線の数を確認して、最適なレーン数(x1の数)で接続する仕様になっている。

 ただ、現実の製品では動作しないこともある。x16スロットを複数搭載し、片方をx16で片方を無効にする、あるいは両方ともx8にするなどを自動で切り替える製品などだ。例えば、片方にグラフィックスボードを挿して、もう一方にx1のボードを挿したとき、両方x8で動かずに、グラフィックスボードがx16、もう一方が無効になってx4のボードが使えない状態になるケースがある。これは、マザーボードメーカーのサポートに連絡して対応を待つか、あきらめるしかない。