PR

見慣れた風景を幻想的な写真に仕上げる

 観光ガイドブックやイベント情報誌などに掲載される夜景写真は、プロが撮っただけあって美しい。ところがデジカメ初級者が夜景を撮ると、実際に見た風景よりも暗く写ることが多い。夜景をきれいに撮るには、街灯やネオンなどの光に合うように露出を決めなければならないが、昼間と同様の設定で撮影すると露出が不足してしまうのだ。

シャッター速度がカギ

 夜景をきれいに撮る方法として「長時間露光」がある。シャッター速度を遅く設定することで、可能な限り光を取り込む撮影方法だ。シャッター速度は、日中の屋外撮影であれば1/250秒や1/500秒でも十分明るい写真が撮れるが、夜間の暗い場所だと不足する。一般に長時間露光とは、シャッターを1秒以上開放した状態のこと。露光時間は夜景内の明るさなどによって変わる。

 ちなみに遊園地では、6秒間の長時間露光で撮ったところ、ネオンの光がきらびやかになり、その場のにぎやかさが写真からも伝わるようになった。一方、車が行き交う都心の交差点ではシャッター速度を15秒に設定して撮影。すると写真には、車のヘッドライトが軌跡のように映し出され、都会の夜のあわただしい雰囲気が表現できた。

【長時間露光で幻想的な夜景を撮る】
数秒間シャッターを開ける長時間露光を使うと、通常の撮影に比べて光をより多く取り込める。夜景で使うと印象的な写真になる
数秒間シャッターを開ける長時間露光を使うと、通常の撮影に比べて光をより多く取り込める。夜景で使うと印象的な写真になる
[画像のクリックで拡大表示]

都心の交差点付近で長時間露光して撮影した写真。車のヘッドライトが尾を引いたように残っているのが印象深い
都心の交差点付近で長時間露光して撮影した写真。車のヘッドライトが尾を引いたように残っているのが印象深い
[画像のクリックで拡大表示]