PR

 ここからは、いよいよ実践編だ。Excel文書の種類ごとに、日付に関する便利ワザや疑問解消法を見ていく。

 最初に取り上げるのは、「曜日が入ったひと月分のカレンダー」(図1)。これを手早く簡単に作成してみよう。

図1 月間予定表を作成したい。日付の入力に手間を掛けず、曜日も表示するには?
図1 月間予定表を作成したい。日付の入力に手間を掛けず、曜日も表示するには?
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは「作成する月の1日」の日付を入力する。「12/1」などと入力すればよい。ただし、“翌年”のカレンダーを作るときは注意が必要だ。「1/1」とすると、入力した年の1月1日になってしまう。そこで、「2010/1/1」のように「年」から入力する。見た目を整えるには、表示形式を変更すればよい。

 曜日は、日付の表示形式を「aaa」に変更すると表示できる。「aaa」は、曜日を1文字で表示する書式記号だ(図2)。1日の日付と曜日を作成したら、後はセルを選択して右下隅をドラグすれば、残りの日付を作成できる(図3)。

図2 最初の日付欄(A3セル)に、その月の「1日」の日付を入力。曜日欄(B3セル)には「=A3」と入力し、同じ日付を表示する(上図)。次にB3セルを右クリックして「セルの書式設定」を選び、開く画面の「表示形式」タブで「ユーザー定義」を選択(1、2)。「種類」欄に「aaa」と入力する(3)[注1]
図2 最初の日付欄(A3セル)に、その月の「1日」の日付を入力。曜日欄(B3セル)には「=A3」と入力し、同じ日付を表示する(上図)。次にB3セルを右クリックして「セルの書式設定」を選び、開く画面の「表示形式」タブで「ユーザー定義」を選択(1、2)。「種類」欄に「aaa」と入力する(3)[注1]
[画像のクリックで拡大表示]

図3 日付と曜日のセルを選択し(1)、セルの右下隅をドラグすると(2)、残りの日付と曜日を入力できる
図3 日付と曜日のセルを選択し(1)、セルの右下隅をドラグすると(2)、残りの日付と曜日を入力できる

[注1]ユーザー定義で「aaaa」とすると「土曜日」のように3文字表示になる