PR

 次に、顧客や社員などの「名簿」を見てみよう。

 名簿では、年齢や在籍期間などを入力することが多いが、これがクセモノ。定期的に更新しないと意味がないが、手作業は面倒だ。しかし、心配はご無用。日付関数を使うと、今日時点の年齢や在職期間を自動で表示できるからだ。

 まずは、年齢計算(図1)。ここで利用するのは、2つの日付の差を、指定した単位で表示するDATEDIF関数だ。「生年月日」と「今日の日付」との差を「年」単位で表示すれば、年齢を求められる。今日の日付は、TODAY関数を使って調べる(図2)。

図1 名簿の年齢はすぐに古くなるが、関数を使うと、常に「今日時点の年齢」を表示できる。更新の手間が要らないのでありがたい
図1 名簿の年齢はすぐに古くなるが、関数を使うと、常に「今日時点の年齢」を表示できる。更新の手間が要らないのでありがたい
[画像のクリックで拡大表示]

図2 まずTODAY関数を使って「今日の日付」を表示する。次にDATEDIF関数を使って、生年月日と今日の日の差を、「年数」の単位で表示する[注1]
図2 まずTODAY関数を使って「今日の日付」を表示する。次にDATEDIF関数を使って、生年月日と今日の日の差を、「年数」の単位で表示する[注1]
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]DATEDIF関数は、関数を入力する際に一覧に表示されず、引数の説明も出ない。手入力しよう