PR

 「デジカメ写真が開けない」「画質が粗い」。こうした画像のトラブルの多くは、フリーソフトで対処できます。それぞれのソフトの操作方法と問題の解決法を紹介します。

画像が開かない!

 画像が開けない主な理由は2つです。1つは画像ファイルを開けるソフトがないこと。もう1つはファイル形式を表す拡張子が何らかの理由で変更されたために、Windowsが画像形式を識別できなくなったことです(STEP1)。まずは形式を調べ、拡張子を付け直します(STEP2)。それでも開かない画像は、開けるソフトがないからです。ソフトを入手しましょう(STEP3)。

STEP1 ダブルクリックして表示される画面を確認

 画像ファイルのアイコンをダブルクリックしても開かない場合は、現れた画面に注目(図1、図2)。「ファイルを開くためのプログラムが必要」とあり、画像ファイルを開けるソフトがないことを説明しています。

図1 画像ファイルのアイコンが上のような絵柄になっていれば、その画像は開けない。開けるソフトがないか、拡張子が誤って変更されてしまった可能性がある。
図1 画像ファイルのアイコンが上のような絵柄になっていれば、その画像は開けない。開けるソフトがないか、拡張子が誤って変更されてしまった可能性がある。
図2 画像をダブルクリックするとこの画面が表示される。「キャンセル」をクリックして画面を閉じる。
図2 画像をダブルクリックするとこの画面が表示される。「キャンセル」をクリックして画面を閉じる。
[画像のクリックで拡大表示]
こんな画像は破損している
 下の部分が黒っぽくなっていたり、横線が入っている写真は破損しています。あきらめるか、人からもらったものなら再度もらうようにしましょう。