PR

 音楽は、CDやMP3ファイルを店舗やインターネット経由で購入し、自宅や通勤途中に聴いて楽しむだけのもの──。もしも、あなたが音楽好きなら、そう決めつけてしまうのはもったいない。自分でオリジナルの曲を作ったり、好みにアレンジしたりすることで、音楽の世界は一気に広がりを増すからだ。

 そうはいっても、楽器は持っていないし、そもそも曲作りなんてしたこともない人がほとんどだろう。でも大丈夫。楽器や音楽の専門知識がなくても曲は作れる。1台のパソコンさえあれば、オリジナルの曲を誰でも簡単に作れてしまう「デスクトップミュージック」を始められるのだ(図1)。

【パソコンを活用すれば、誰でも手軽にオリジナル曲が作成できる】
図1 パソコンと専用ソフトさえ用意すれば入門者でも簡単にオリジナル曲が作成できる。自分が作詞した歌詞をパソコンに歌わせることも可能。以前は、楽曲を作成するには人材や機材をそろえる必要があった
図1 パソコンと専用ソフトさえ用意すれば入門者でも簡単にオリジナル曲が作成できる。自分が作詞した歌詞をパソコンに歌わせることも可能。以前は、楽曲を作成するには人材や機材をそろえる必要があった
[画像のクリックで拡大表示]

 作ったオリジナル曲の楽しみ方はさまざまだ(図2)。パソコンで聴くだけでなく、CD-Rに記録してマイカーでドライブ中に聴くのもよい。オリジナル曲は著作権のしがらみがないため、フォトムービーのBGMに利用して友人・知人に広く配布しても問題ない。もし、ギターなどの経験があるなら、ドラムやベースなどのバックバンドをパソコンで作り出そう。クローゼットの奥から引っ張り出したギターを自分で弾けば、自宅にいながら1人でもバンド演奏が楽しめる。

【デスクトップミュージックで広がる音楽の世界】
図2 作成したオリジナル曲は、CD-Rに保存して友人に配布したり、インターネット上に公開するなど用途はさまざま。フォトムービーのBGMに利用すれば、著作権を気にせず広く配布できる。自分で楽器をソロ演奏して、パソコンで作曲したバックバンドどミックスすることも可能だ
図2 作成したオリジナル曲は、CD-Rに保存して友人に配布したり、インターネット上に公開するなど用途はさまざま。フォトムービーのBGMに利用すれば、著作権を気にせず広く配布できる。自分で楽器をソロ演奏して、パソコンで作曲したバックバンドどミックスすることも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]