PR

 「好きな楽曲を集めたベスト盤を作りたい」「電子アルバムを作りたい」「動画をDVDプレーヤーで観たい」……。すべてWindowsにおまかせ。実はWindowsには、CD&DVDを活用する付属ソフトが盛りだくさん。早速、使ってみましょう。

【音楽1】 「メディアプレーヤー」でベスト盤の作成も思いのまま

 「メディアプレーヤー」を使えば、複数の音楽CDの中からお気に入りの曲を集めたベスト盤が簡単に作れます。

 まず、メディアプレーヤーの設定を確認します。通常「WMA」になっているファイル形式を「MP3」に変更(図1)。これで、書き込み方の違いで、音楽CDとMP3CD(コラム参照)の2種類が作れます。

 次に、音楽CDをパソコンにセットして楽曲を取り込みます(図2~図4)。すると、CDの曲が「マイミュージック」フォルダに自動で入ります。別の音楽CDも同じ要領で取り込みます。

 家庭用のオーディオ機器で再生するには、書き込み方式を「オーディオCD」にします。後はベスト盤に入れたい楽曲のリストを作り、空のCD-Rに書き込みます(図5、図6)。

 このとき、私的録音保証金を含む音楽用のCD-Rを使います。

 ■ここで使ったソフト

ビスタに は標準で付いている。旧版が入っているXPの場 合、無料でアップグレードできる。[注]<br><b>起動方法</b> 「スタート」→「すべてのプログラム」→ 「Windows Media Player」とクリック
ビスタに は標準で付いている。旧版が入っているXPの場 合、無料でアップグレードできる。[注]
起動方法 「スタート」→「すべてのプログラム」→ 「Windows Media Player」とクリック
[注]メディアプレーヤー11は、「http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/」で配布されています。「Windows Media Player 11 for Windows XP(32ビット用)」を入手して、インストールしてください。

 ■作業の流れ

音楽CDを取り込む
 
図1 メディアプレーヤーを起動。ファイル形式を「WMA」から「MP3」に変更する。「取り込み」の下にある「▼」→「形式」→「mp3」とクリック。
図1 メディアプレーヤーを起動。ファイル形式を「WMA」から「MP3」に変更する。「取り込み」の下にある「▼」→「形式」→「mp3」とクリック。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 空のCD-Rをパソコンにセット。この画面が開いた場合、「~コピー防止を追加しない」に「・」を付ける(1)。(2)にチェックを付け、「OK」をクリック(3)。
図2 空のCD-Rをパソコンにセット。この画面が開いた場合、「~コピー防止を追加しない」に「・」を付ける(1)。(2)にチェックを付け、「OK」をクリック(3)。
[画像のクリックで拡大表示]
図3 「取り込み」をクリック(1)。表示された曲を確認し(2)、「取り込みの開始」をクリック(3)。
図3 「取り込み」をクリック(1)。表示された曲を確認し(2)、「取り込みの開始」をクリック(3)。
図4 音楽CDの取り込みが自動的に始まる。すべてを取り込みまで5分ほどかかる。終わったらCDを取り出す。2枚目以降は、図3のように取り込みの開始をクリックすればよい。
図4 音楽CDの取り込みが自動的に始まる。すべてを取り込みまで5分ほどかかる。終わったらCDを取り出す。2枚目以降は、図3のように取り込みの開始をクリックすればよい。