PR

 Windows Vistaには「メイリオ」というフォントが加わりました。メイリオは、マイクロソフトの「ClearType」という技術を利用したフォントです。ClearTypeとは、液晶ディスプレイで文字を高精細に見せる技術。これを使うことで、文字を滑らかに表現することができます。ClearTypeは、Windows XPから搭載されていましたが、XPの場合、標準では無効。WindowsVistaではその機能が標準で有効になっています。メイリオは、XPでも利用することはできますが、マイクロソフトのサイトからダウンロードする必要があります。

 Vistaではメイリオが標準のフォントになりました。メイリオをタイトルバーなどのフォントとして採用しています(図1)。

【Vistaでは標準のフォントが「メイリオ」】
図1 Windows Vistaでは、標準のフォントが角ゴシックフォント「メイリオ」になった。日本語の「明瞭(メイリョウ)」が語源。タイトルバーなどで標準的に使われる
図1 Windows Vistaでは、標準のフォントが角ゴシックフォント「メイリオ」になった。日本語の「明瞭(メイリョウ)」が語源。タイトルバーなどで標準的に使われる
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、Vistaに搭載するブラウザー「Internet Explorer 7」の本文部分のテキストはメイリオで表示されません。「メイリオで表示するとレイアウトが崩れてしまうサイトも多くあるため」(マイクロソフト)、標準のフォントとして指定されていないからです。