PR

 パソコンに下のイラストのようなアイコンがあれば、それはPDFファイル。今や申請書や取扱説明書など、様々な書類がPDFで配布されるようになり、すっかり身近になりました。

 PDFが広まっている理由は、誰もが同じ文書を見られること。無料で使えるPDF閲覧ソフト「アドビリーダー」で、どんなパソコンでも同じ体裁で見られ、しかもその体裁のまま印刷できます。作るのも手軽になりました。PDFに変換して配布するほうが、目的によっては便利です。

 「見る」「印刷する」「作る」という場面別に、PDFを活用するコツを紹介しましょう。

*この記事では、「アドビリーダー9」を使って解説しています。

[画像のクリックで拡大表示]

【ワンポイント】 PDFが開かなければ閲覧ソフトを入手

 PDFはアドビシステムズが開発したもので、閲覧ソフト「アドビリーダー」は同社のホームページで配布されています。パソコンに入っていなければ入手しましょう。

●ホームページから入手
図1 アドビシステムズのホームページを開き、「Get ADOBE READER」をクリック。この後「ダウンロード」をクリックし、画面の指示に従って操作してインストールする。
図1 アドビシステムズのホームページを開き、「Get ADOBE READER」をクリック。この後「ダウンロード」をクリックし、画面の指示に従って操作してインストールする。
[画像のクリックで拡大表示]