PR

超速5000回転/分でもCPU温度への影響は少ない

 負荷が高まると発熱が多くなりがちなCPUを、なるべく温度を抑えて使いたい。こう思ったら当然CPUクーラーの交換を考えるだろう。では、CPUクーラー交換を最大限生かせるようにPCケース側ではどう工夫すればよいのだろう。通常、PCケースは複数のファンを取り付けられるようになっている。低回転のファンを複数取り付けたときと、高回転タイプのファンを1個で運用したときとでどちらが冷えやすいのかを探った。

 現在のPCケースで主流なのは12cm角のファン。数100~2000回転/分くらいまでの製品が多く、安価な製品は1000円程度で買える。今回は、回転数の異なる6種類の12cmファンを用意した。羽の形状と厚さが異なるため、回転数に風量が比例しているわけではないが、目安にはなるだろう。テストに使ったPCケースは、8000円で買えるアビーの「METHOD」。初期状態で背面に1000回転/分のファンを備えており、前面下部から吸気してそのファンで排気する構造になっている。

1000~5000回転/分までの12cm角ファンを6種類用意、PCケースのファンを交換してCPU温度の変化を測定した。3800回転/分と5000回転/分のファンは厚さが38mm。そのほかは25mmだ。
1000~5000回転/分までの12cm角ファンを6種類用意、PCケースのファンを交換してCPU温度の変化を測定した。3800回転/分と5000回転/分のファンは厚さが38mm。そのほかは25mmだ。
[画像のクリックで拡大表示]
今回テストに使用したPCケースは、初期状態で背面に1000回転/分のファンを搭載済み。前面には厚さ25mmまでのファンを追加できる。そこで、前面にファンを追加したときと、背面の冷却ファンを交換したときの、それぞれのCPUの温度の変化を測定した。<br>【テスト環境】CPU:Core 2 Quad Q9650(3GHz)、メモリー:DDR2-800(2GB×2)、HDD:WD Caviar Green 2TB(Western Digital)、マザーボード:GA-G33M-DS2R(GIGABYTE TECHNOLOGY、Intel G33搭載)、PCケース:METHOD(アビー)、電源ユニット:NeoPower430(Antec、定格430W)<br>【テスト方法】アイドル時は、PCを起動後10分間放置したときの温度を測定。負荷時は「スーパーπ」(東京大学金田研究室)を4個同時に実行し、10分経過したときの温度を測定した。
今回テストに使用したPCケースは、初期状態で背面に1000回転/分のファンを搭載済み。前面には厚さ25mmまでのファンを追加できる。そこで、前面にファンを追加したときと、背面の冷却ファンを交換したときの、それぞれのCPUの温度の変化を測定した。
【テスト環境】CPU:Core 2 Quad Q9650(3GHz)、メモリー:DDR2-800(2GB×2)、HDD:WD Caviar Green 2TB(Western Digital)、マザーボード:GA-G33M-DS2R(GIGABYTE TECHNOLOGY、Intel G33搭載)、PCケース:METHOD(アビー)、電源ユニット:NeoPower430(Antec、定格430W)
【テスト方法】アイドル時は、PCを起動後10分間放置したときの温度を測定。負荷時は「スーパーπ」(東京大学金田研究室)を4個同時に実行し、10分経過したときの温度を測定した。
[画像のクリックで拡大表示]

 テストは2種類。まずは背面ファンをそのままに、前面にファンを増設した。前面には25mm厚まで取り付けられるので4種類のファンを付け替えて、CPUの温度を測ってみた。結果は下のグラフの通り。ファンの追加により、負荷時もアイドル時も3℃ほど下げられたが、回転数が違ってもCPU温度はほとんど変化しなかった。次に前面にはファンを取り付けず、背面のファンの回転数を変えてみた。こちらも1400回転/分以上ではCPU温度が変化しなかった。

1000回転/分のファン増設時は初期状態より室温が3℃上がったことを考えると、ほかのファンと同様に増設で3℃ほど下がったと考えられる。増設による効果はあるが、ファンごとの差は無いといえる。
1000回転/分、1200回転/分辺りまでは多少の変化は見られるが1400回転/分以上は同じ。PCケース内温度ならともかく、空気の流れをよほど考えないとCPU温度はなかなか下がらない。

結論!

 3800回転/分や5000回転/分のファンの騒音はあまりにも激しく、誰もいないときを見計らってテストしなければならないほど。そこまで強力なパーツを投入しても、この程度のパーツ構成ではCPU温度は変わらない。とはいえ、ファンの追加では一定の効果が得られている。PCケース内部の熱が気になったらまずは安価なファンを追加して様子を見るとよいだろう。