PR

 IE8が便利とわかっても、導入するにはちょっと不安という人も多いでしょう。でも、心配はいりません。ここで、自分のパソコンに導入できるか、前に使っていたIEに戻したいときはどうするか、など、導入に関する疑問点を解決しましょう。

【ギモン1】 自動更新で強制的にIE8になってしまう?

 IE8を使わない選択も、もちろん可能です。下図のようなインストールの最初の画面で、「インストールしない」をクリックすれば、以後、自動更新の際にインストールされることはありません。

IE8を入れたくないときは、この画面で「インストールしない」をクリック。
IE8を入れたくないときは、この画面で「インストールしない」をクリック。
[画像のクリックで拡大表示]

【ギモン2】 いざというとき前のバージョンに戻せる?

 IE8をインストールすると、これまで使っていたIE6やIE7は使えなくなります。しかし、IE8を削除すれば、前に使っていたIEに戻せます。IE8を削除するには、「プログラムの追加と削除」(Vistaは「更新プログラムのアンインストール」)の画面から操作します(図1、図2)。

図1 「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」とクリック。この画面が開いたら、「更新プログラムの表示」にるチェックを付ける(1)。「Windows Internet Explorer 8」をクリックし(2)、「削除」をクリック(3)。
図1 「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」とクリック。この画面が開いたら、「更新プログラムの表示」にるチェックを付ける(1)。「Windows Internet Explorer 8」をクリックし(2)、「削除」をクリック(3)。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」とクリック。開いた画面の「タスク」欄で「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック(1)。右の画面に切り替わったら、「Windows Internet Explorer 8」をクリック(2)。「アンインストール」をクリック(3)。
図2 「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」とクリック。開いた画面の「タスク」欄で「インストールされた更新プログラムを表示」をクリック(1)。右の画面に切り替わったら、「Windows Internet Explorer 8」をクリック(2)。「アンインストール」をクリック(3)。
[画像のクリックで拡大表示]