PR

 ここまでで紹介した5つ以外にも、IE8には新しい機能がまだまだあります。ここで紹介する優れた機能も大活躍するはずです!

キーワードで検索できる「スマートアドレスバー」

 IE8では、アドレスバーの履歴表示が進化しました。例えば「micro」と入力すると、IE7では「microsoft.com」など最初の部分が一致するアドレスしか探せませんでしたが、IE8では、「micro」を含むアドレスやページの名前から、履歴を探せます(図1、図2)

図1 アドレスバーに「micro」と入力(1)。その文字列を含むアドレスやページの名前が表示される(2)。
図1 アドレスバーに「micro」と入力(1)。その文字列を含むアドレスやページの名前が表示される(2)。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 アドレスバーに「ラーメン」と入力すると(1)、その文字列を含むページの名前が表示される(2)。
図2 アドレスバーに「ラーメン」と入力すると(1)、その文字列を含むページの名前が表示される(2)。
[画像のクリックで拡大表示]