PR

「ジャストスマイル4@フレンド」には、先生と児童、2つのログインモードがある。先生モードでログインした場合は、児童モードで利用できる機能よりも、多くの機能を利用できる。ここでは、ジャストスマイルの管理メニューと各種文書の作成メニューについて、先生モードならではの機能を紹介する。


 なお、【概要・構成編】で説明しているように、「ジャストスマイル4@フレンド」は、インターネットや学校内ネットワークを活用する「つたわるネット@フレンド」も含む統合製品だ。ここでは説明を割愛するが、先生モードで「つたわるネット@フレンド」を利用する場合も、例えば次のような機能を追加で利用できる。


  • 先生用の掲示板やスケジュール利用などの校務支援機能
  • 児童のメールの送受信や掲示板の管理、児童からの提出物管理などの評価活動支援機能
  • 児童に擬似体験をさせたり、先生用の研修教材を利用したりするための、情報モラル教育支援機能
  • 導入時や年度替わりの時期には「管理メニュー」を利用

     ジャストスマイルを導入したら、やはり、子どもたちの名簿管理から始めるのが適切だろう。これは、子ども任せにできない、先生の大切な仕事といえる。ジャストスマイルを誰が使っているのか(ログイン)、どの児童がどこまで作業でき、どんな成果を残しているか、といったことを先生が把握するには、名簿を登録し、個人別のフォルダーと連動させておくと便利だ。ジャストスマイルの導入時はもちろん、年度替わりの時期や、年度内でも転入出があった場合など、学級運営の基礎となる名簿はしっかりメンテナンスしておこう。

    図1 「ジャストスマイル管理メニュー」はデスクトップのアイコンや「スタート」メニューから起動できる。導入後、最初にするのは「名簿作成・編集」だろう
    図1 「ジャストスマイル管理メニュー」はデスクトップのアイコンや「スタート」メニューから起動できる。導入後、最初にするのは「名簿作成・編集」だろう
    [画像のクリックで拡大表示]

     それには、デスクトップや「スタート」メニューから起動できる「ジャストスマイル管理ツール」を使う。製品導入時や児童の転入出の際は「名簿作成・編集」を、年度替わりの進級時には「年度更新」を使うとよい。なお、メニュー画面で分かるように、このツールでは名簿以外の管理もできる。

    図2 名簿を初めて編集するときなど、名簿データが存在しない場合は、「開始年度・学年構成の設定」ダイアログが表示される。ここで指定する内容は後から修正できないので、慎重に設定する
    図2 名簿を初めて編集するときなど、名簿データが存在しない場合は、「開始年度・学年構成の設定」ダイアログが表示される。ここで指定する内容は後から修正できないので、慎重に設定する
    [画像のクリックで拡大表示]

     名簿には1人分ずつ情報を登録できるほか、表計算ソフトで管理していた場合などに、そのデータを取り込んで名簿を作ることもできる。児童数が多い学校では、連続する番号を使ってとりあえず自動作成し、名前などは後から入力するといった臨機応変な作成方法も採れる。作成・編集中の名簿は、「名簿反映」ボタンをクリックするまでは、実際の運用環境に反映されない。重要なデータを安易に公開しないための配慮といえる。

    図3 名簿の編集画面。Excelなどで作った名簿を取り込むときは「読込」ボタンを、ジャストスマイルにお任せで仮の名簿を登録するときは「自動登録」ボタンをクリック。ここでは後者の方法で作業した
    図3 名簿の編集画面。Excelなどで作った名簿を取り込むときは「読込」ボタンを、ジャストスマイルにお任せで仮の名簿を登録するときは「自動登録」ボタンをクリック。ここでは後者の方法で作業した
    [画像のクリックで拡大表示]

    図4 自動登録する内容は、この画面で指定する。ここでは1~6年生で各学年2クラスずつ、先生20名を登録している
    図4 自動登録する内容は、この画面で指定する。ここでは1~6年生で各学年2クラスずつ、先生20名を登録している

    図5 仮登録が完了した。児童の名前やパスワードは、後から修正できる。メールアカウントの設定もこの画面からできる
    図5 仮登録が完了した。児童の名前やパスワードは、後から修正できる。メールアカウントの設定もこの画面からできる
    [画像のクリックで拡大表示]

     図4のダイアログで説明されているように、名簿に先生を登録すると、1~6の学年とは別の、「☆」の記号を使う特別な学年に登録される。この「☆」学年は、年度更新の対象にならない。この特徴を生かし、年度更新の必要がない先生を登録したり、先生でなく「児童」の属性で特別学級の児童を登録したりと、工夫して利用できる。

     ジャストスマイル管理メニューと似た名前のツールに、「スタート」メニューの「すべてのプログラム」から起動する「ジャストスマイル設定ツール」がある。こちらはデータの置き場所を決めたり、パソコンの設定をしたりするツールで、頻繁に使うことはないが、混同しないように注意しよう。

    図6 こちらは「ジャストスマイル設定ツール」。ジャストスマイル管理メニューと名前が似ているので、混同しないように
    図6 こちらは「ジャストスマイル設定ツール」。ジャストスマイル管理メニューと名前が似ているので、混同しないように